FXの基本、テクニカル指標とは

FXで勝ち続ける為にはテクニカル分析を欠かすことができませんが、このテクニカル分析を行うにはテクニカル指標と呼ばれるものを使用しなくてはなりません。このFXで使用されるテクニカル指標とは色々な角度や計算方法によって一定の指標を定めて、それらを基にして今度の相場の値動きを予測しようとするものです。



テクニカル指標には様々な種類がありますが、大きく分けると3種類に分けることができます。まずはトレンドの方向に沿ったトレードを行うトレンドフォロー系、相場が売られ過ぎているのか買われ過ぎているのかを計るオシレータ系、そしてどちらにも当てはまらないものの3種類になります。
まずトレンドフォロー系ですが良く使用されているのが移動平均線です。
移動平均線は任意の期間の終値を結び、ライン状にして表示させるテクニカル指標となります。このほかにも移動平均線を基にして作られたボリンジャーバンドなどがトレンドフォロー系としては良く使用されていて、信頼性も高いテクニカル指標となります。


次にオシレータ系ですが、これは任意の期間の高値と安値を100%から0%として、相場が買われ過ぎているのか、売られ過ぎているのかを判断するテクニカル指標となります。

教えて!goo情報を簡単に調べられます。

良く使用されているのかRSIやストキャスティクスなどが人気で、FXのようなボックス相場が多い市場には非常に有効的に働きます。

最後にどちらにも当てはまらないものですが、中にはトレンドフォロー系とオシレータ系のどちらの性質も持っているものもあり、人気が高いものでは一目均衡表などがそれにあたります。